青汁のタイプ


青汁のタイプ

青汁には大きくわけて2つのタイプがあります。

1つは粉末タイプの青汁でもう1つは冷凍タイプの青汁です。



まず粉末タイプの青汁のメリットは、1回分ずつ個包装されているため保管しやすいことです。

また粉末状なので料理や飲み物などに入れやすいことです。

そして水があればどこにでも携帯していつでも飲むことができるので簡単です。



冷凍タイプの青汁のメリットは、青汁を生成してすぐに凍結させているので、鮮度と栄養が高いことです。

また青汁独特のにおいも強いので、青汁の苦味や濃い味が好きな人に向いています。



粉末タイプの青汁のデメリットは、水に溶かすのが若干面倒なことです。

冷凍タイプの青汁のデメリットは、解凍しなければならないので、水やぬるま湯につけてしばらく待たなければならず時間がかかることです。

保管する際には冷凍庫保管になるので、どこにでも保管できる粉末と違って冷凍庫に場所をとってしまうことがあります。

青汁独特のにおいが強いので、飲みやすいタイプがいい人には向いていません。



つまり保管場所を気にすることなく、いつでも持ち運んで携帯したい人は粉末タイプの青汁がおすすめで、鮮度のいいものを飲みたい人は冷凍タイプの青汁がおすすめです。

青汁を飲む場所が自宅だけではなく会社でも外出先でも飲みたい人は粉末タイプの青汁にした方が便利です。

自宅でゆっくり鮮度のいい青汁を飲みたい人は冷凍タイプの青汁にして自宅で時間をかけて解凍して飲むといいと思います。

どちらにしても飲む人の好き好きで、毎日続けられるものを選ぶことが大切です。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。